いちごばたけ

デレマスPでDMP

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと思ったけどサムライってすごくかわいそうだよね

高富「超次元ゾーンにクリーチャー以外のカードタイプ追加します!」
サムライ「やった、ギアだ!ようやく俺らの時代だ!」

高富「ドラグハートという全く新しいカードです!」
サムライ「」

高富「ファンキーナイトメアはナイトも種族に含みます!しかも新しい水文明のカードは呪文と相性がいいです!」
サムライ「」



今日のDR結果
0没しました ナンテコッタイ/(^o^)\

終わった後にキューブドラフトに混ぜてもらいました
そこでデスラー初めてつかっているのを見て一目ぼれ、っていうわけではないけどその強さに惚れました(ずっとランハンだと思ってたらピピハンだったのね
というわけでさっそくデスラーのデッキを作りました
春休み中に一個はデッキ作りたかったので満足してます

そのレシピがこちら
『夢幻たる騎士の無限たる貴志』
夢幻たる騎士の無限たる貴志
3 x 魔光ドラム・トレボール
2 x 魔弾ソウル・キャッチャー
3 x ミラー怪人 ドテラバラ
3 x 爆弾魔 タイガマイト
3 x 暗黒秘宝ザマル
2 x 爆霊魔 タイガニトロ
3 x 龍覇 ドクロスカル
3 x 夢幻騎士 ヴィシャス・デスラー
3 x 魔弾バレット・バイス
3 x 超次元リバイヴ・ホール
3 x 魔狼月下城の咆哮
4 x 超次元ミカド・ホール
2 x デーモン・ハンド
3 x 地獄門デス・ゲート
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
1 x 悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
1 x 凶乱の魔鎌 ディスカルド/凶乱の悪魔龍 ドクロカルド
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 激天下!シャチホコ・カイザー/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン

相手取ったデッキがばらばらなので一概には言えないけど10戦中8戦勝てたので勝率(だけは)いい感じ
やっぱデスラーが強い、ついでドラムバレバイの流れ
これを同時にできたらほぼ勝ちっぽい?

夢幻騎士 ヴィシャス・デスラー
4コスト 進化 闇 ダーク・ナイトメア 6000
■進化-自分の闇のクリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を見て1枚選び、捨てさせる。
■W・ブレイカー 

初見でランハンだと思ってたせいで「なんでこいつベリーなん」っておもってました許してください
クッソ強いです
序盤に殴りに行くとマジで暴力的、後半だとハンド与えることになるからそれほどでもなくなるけど
すごくどうでもいいけど設定が中二臭くてクリーチャーとしても好きになった

魔光ドラム・トレボール
2コスト クリーチャー 闇 ガーゴイル/ナイト 1000
■自分の「ナイト・マジック」を持つ呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。 

魔弾バレット・バイス
4コスト 呪文 闇  ナイト
■相手は自分自身の手札を1枚選び捨てる。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい) 

とりあえず黄金コンビですな
後半めっちゃくさるけどそれに有り余る序盤の有能さがあって採用
ダークでもファンキーでもナイトだから使えると言えばいつでも使えるからほんと神
たまにきずなのは永久龍出される点?あれはしかたないね

凶乱の魔鎌 ディスカルド
2コスト ドラグハートウェポン 闇
■これを装備したクリーチャーが攻撃する時、相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。
■龍解:自分のターンの終わりに、これを装備したクリーチャーがタップされていれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、ドラグハートまたはそれを装備したクリーチャーがバトルゾーンを離れた場合、そこに戻す) 
凶乱の悪魔龍 ドクロカルド
5コスト ドラグハートクリーチャー 闇 デーモン・コマンド・ドラゴン 5000
■このクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。 

これもとにかく強い
身代わりの陰に隠れがちだけど十二分なポテンシャルあると思う
寧ろ自爆システム入れてないこのデッキだとこっちの方が強いのがたびたび
龍解前だと流星引っかからないし(これでドヤガオするのもまた一興



ハンデスしながらビートするのは反撃の芽を摘み取るという意味で結構大事だと改めて実感したところ
それはイエスが証明済みだしね
ナイトとナイトメアの共存がこうも面白いものだとは思ってませんでした
ひっさびさに満足いくデッキを組めたけど「自分がやりたいことを形にしてしっかり勝てる」っていうのはどうしてこうも楽しいのかな
今後もいろいろ作っていきたいと思いました

それと今回自分には単色ビートのデッキが性にあってるっていうことをはっきりと自覚しました
緑単はもう流行ってるし、速攻の奴は組んだしで次は青単組みたいかなって
次も記事書けるよう精進します
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。